人気ブログランキング |

お母さん猫にサムライの品格を見た

f0158627_12483249.jpgいつも通勤途中に見かけるノラさんのうちの一人が、お母さんになっていた。すごい雨風の中で一人、とある倉庫の陰で仔猫たちをしっかりと守っていた。

ナーバスになっていることは分かっているので遠目に見ただけだけど、それでもお母さん猫の目は鋭く私を捉えていた。これまでのんびりと交流を楽しんでいた時とは違う、緊張感のあるお母さんの目。何があってもこの子たちの命を守りぬくんだという、覚悟と決意に満ちた目。その気高さに押され、思わず涙腺が緩んだ(写真は恐らくお父さん猫)。

そのお母さん猫の姿に、昔読んだあるトルコ詩人の「日本人たち」という詩を思い出した。日露戦争で東洋の小国・日本が大国ロシアを破った後、日本にシンパシーを感じたモハメット・アキフ・エルソイという国民的詩人はその詩の中でこう書いている。

日本人とはどういう人びとなりや
(中略)
ささやくやうな声で語りあふ 信心深き人びと
小さな軀に偉大な魂を宿し 立派な国づくりに励んでいる人びと
あの偉大な東郷(元帥)には 尊大さのかけらもなかりし 
それは格別な印象
ともに茶をすすれば すかさず自ら注ぎ給ひしなり

この詩の中には体こそ小さくとも、大きな誇りと気高い魂を備えたサムライたちの姿がある。サムライたちが霧消してしまった現代の日本で、その「品格」をお母さん猫の中に見た。
by cyril-aw11 | 2008-04-18 12:57 |
<< 建築家との家づくり その2 建築家との家づくり その1 >>