土地探しとは結婚である?

「プロポーズ大作戦SP」を見た。連ドラを毎週ハラハラドキドキしながら見ていたので、今回のスペシャルはとても楽しみにしていた。

プロポーズ大作戦
主演は山下智久、長澤まさみのW主演。両者の共演は『ドラゴン桜』(TBS系列)以来1年9ヶ月ぶりとなり、そのドラマでも2人は幼なじみを演じた。 月9ドラマとしては、『トップキャスター』以来の原作無しのオリジナルドラマ。思いを寄せていた幼なじみ・吉田礼(長澤)に告白できないまま、彼女の結婚式に出席することになった主人公・岩瀬健(山下)が、妖精(三上博史)の力を借りて過去に戻って恋の成就を試みる物語。エンディングが曖昧かつ意味深なものであったため、視聴者から放送終了後に電話4000件、メール3000件の問い合わせが送られた。その声に応える意味で、2008年3月25日に2時間18分のスペシャル版が放送された。
(wikipedia)

情熱大陸」で採り上げられて以降、ヤマピーこと山下智久に興味が涌いてしまった。アイドルグループ「NEWS」のリーダーで極めて今っぽい風貌の彼だが、以前から節々に何か骨っぽさと言うか男っぽさというか、外観にそぐわないものを感じていた。その理由がこの情熱大陸のO.A.でわかったからだ。彼は母子家庭で育っていた。

「男は仕事してなんぼじゃないですか。そう思います、俺は。いいじゃん、働かなくてみたいな人もたぶんきっといると思う・・・。でも俺は絶対に働く!母ちゃん働いてて、見てるの何かかわいそうでしたもん。早く俺が働いてって思ったんですよ。そういう女の人が変な思いして働いているのとか、ちょっとイヤですもん。自信を持ってというか、自分がやってることに誇りは持ってるし、俺が選んだ仕事だし」。

さてなぜヤマピーやら、「プロポーズ大作戦」やらをここで採り上げたのかと言えば、今回のSPを見て、ドラマの中でのあるセリフを思い出したからだ。それは妖精(三上)が主人公の健(山下)に言ったものだった。

「結婚相手は一番好きな人ではなく、 二番目に好きな人を選んだ方がいい」
と、したり顔で口にする者がいるそうだが、付き合っている相手が人生で二番目に好きかどうかなんて、分かる人がいるんだろうか?でも、ひとつだけ確かなことがある。人生で一番好きな相手は失おうとする、まさにその瞬間に「この人だ!」と気づくのだ。

土地探しに際して、営業さんから頂いたアドバイスによく似ている。
[PR]
by cyril-aw11 | 2008-03-27 13:24 | 家造り全般
<< ヌシとの遭遇 サクラ開花 >>