土地探しの条件 その2

f0158627_1251753.jpg

前項の続き。
今日の出演もゆず。ドーナツに異常がないか、確認中です。

[2]緑豊かであること。区画が広く、近隣と離れていること。

できれば周囲の家から100メートルは離れている深い森や林の中が望ましいけれど、予算には限りがあって、山ひとつ買い取るわけにもいかない。また、後に述べる通勤の事情もある。だからせめて周囲の家などの人工物が、敷地内の緑によって覆い隠されるようなところに住みたい。

横浜の家は論外だが今の住居でさえ、庭に出て庭いじりをする度にお隣さんと顔を合わせる。これはうちの庭とお隣さんの玄関が面していることに拠るのだけど。テラスに出れば、お向かいさんが布団を干していたりするとこれまた目が合ってしまう。一回目は挨拶を交わしたりしていいんだけど、一日に何回も顔をあわせるとお互いに何となく気まずかったりする(笑)。だからせっかくテラスがあっても、ボーっと外を見たりしづらくなってしまう。気にしすぎだろうか?またカーポートで車をいじっていても、意外に周囲の人と挨拶を交わす機会が多い。

いや、近所づきあいは全然嫌じゃないのだ。そういう意味ではなく、もっと外界と隔絶した自分たちの自由な空間が欲しいということ。自分の敷地に一歩足を踏み入れれば、そこには自分たちだけの世界が広がっているという状態が欲しいのだ。今の住居は確かに富士山は見えるし、木々や鳥、虫だって多いけど、四方はこんな風に家で囲まれてしまっている。まるで横浜の家の敷地を広げて田舎に持ってきたみたいだ、だんだんそう感じられるようになってしまった。

まだ続きます。
[PR]
by cyril-aw11 | 2007-10-31 13:02 | 家造り全般
<< 土地探しの条件 その3 土地探しの条件 その1 >>