ドライブ4日目 モニュメントバレー→モンティセロ(UT) 146マイル

1/29(金)
この日のメインはモニュメントバレー周遊。
f0158627_14162041.jpg

せっかくバレー一望のホテルに宿泊したので、まずは早起きしてビュート越しの日の出を
見ることにしました。あいにくウィンター・ストームの影響で雲は多かったものの、雪景色の
中の日の出は壮観そのもの!

刻一刻と表情を変えるビュートを前に、夢中でシャッターを切り続けました。
f0158627_14171527.jpg
f0158627_14173294.jpg
f0158627_14174853.jpg
f0158627_1418434.jpg
f0158627_14182444.jpg
f0158627_14183955.jpg
f0158627_14185321.jpg




朝食を済ませ、チェックアウト。
ロビーを中心にナバホの装飾品や調度品で統一され、何とも落ち着くホテルでした。
f0158627_14191155.jpg
f0158627_14192869.jpg

これからバレー内を周回できる「バレードライブ」という未舗装道路を進む予定なのですが、
その前にその入り口付近にある「ホーガン」に立ち寄ります。ナバホの人々は平原に住む
ようになってから、こうした「ホーガン」と呼ばれるお椀型のかまくらのような家を造るように
なりました。それが再現されているのです。
f0158627_1420943.jpg

気がつくのはホーガンの入り口がすべて東を向いていること。
きっと朝の殺菌効果の高い日光を取り込むために、日が昇る方向を向いているのでしょう。
f0158627_14202333.jpg
f0158627_14203757.jpg

いつの間にかワンコが近づいていました。
今回は多くのナバホ居留地を旅しましたが、こうして放し飼いなのか捨てられているのか、
首輪をしていない犬たちが観光地やショッピングモールなどでたくさん見られました。

貧しさゆえのことなのか、そうした慣習なのかはわかりませんが、昔と違いこれだけ多くの
交通量がある状況では心配になりました。
f0158627_1421127.jpg

ビュートを眺めるワンコ。少し寂しそうでした。
f0158627_14211760.jpg

さていよいよ、バレードライブへ出発です。
冬場はこのメインゲートが閉じられているので、道路側から回ります。
f0158627_14214180.jpg
f0158627_14215492.jpg

バレードライブを少し進み、ホテルを振り返ります。
すごい絶壁の上に張り付くように建てられているのがよくわかります。
f0158627_14221276.jpg

部屋からもよく見えた「ミトン」ビュート。本物と比べてみました。
f0158627_1422243.jpg

こちらは「エレファント」。なるほど3本立っているビュートが象の鼻ですね。
このように順路の番号に従って、自由にバレー内を一周できます。
f0158627_1422388.jpg
f0158627_14225665.jpg

ジョンフォード・ポイント。
名匠・ジョンフォードは数多くの西部劇をここモニュメントバレーで撮影、中でもこの
ポイントでの撮影を好んだそうです。
f0158627_14232229.jpg
f0158627_14235597.jpg

現在この場所ではホースバックライド・ツアー用に馬たちが飼われています。
一列に並んでご飯を待つ様子が何とも可愛らしい!
f0158627_14241331.jpg
f0158627_14242622.jpg

バトルシップ(戦艦)のようにそびえるビュート。
f0158627_14245296.jpg

遠くに見える「ハブ」ビュート。
車輪の軸のはまるところという意味ですね。
f0158627_142587.jpg

トーテムポール。
f0158627_14252389.jpg

このようにガイドツアーでなければ入れない箇所や道路もいくつかありますが、自分自身の
ペースでゆっくりと回れることを考えればバレードライブのセルフツアーで十分だと思います。
f0158627_14255083.jpg

その代わり相当な悪路ですので、路面状況が悪いときはこんな風に車は赤土まみれに。
車を返却するとき、「お前はいったいどこで何をしてきたんだ?」とイヤミも言われます(笑)。
また当然、4WDは必須です。
f0158627_14261461.jpg

ぐるりと一周して、モニュメントバレーともお別れです。
f0158627_14263192.jpg
f0158627_14264730.jpg
f0158627_1427222.jpg

ランチをするため、US-163の反対側にある「Goulding's Lodge」へ。
ここはジョンフォード撮影隊が定宿にしていた人気ホテルです。
f0158627_14273530.jpg

ミートローフとチリバーガー。まずまずのお味でした。
f0158627_14275112.jpg
f0158627_1428229.jpg

こんな風に断崖に張り付いた形で建っているレストランから、
f0158627_14281975.jpg

遠くモニュメントバレーを望む。
かつてはバレー唯一の宿としてのステイタスを誇っていましたが、やはりザ・ビューホテル
圧巻の眺めの前には分が悪いです。
f0158627_14285423.jpg

さてロッジを後にし、US-163を北上します。しばらく進んで後ろを振り返るとこの絶景!
このアングルは多くのガイドブックや旅行パンフレットで紹介されるものです。
映画やCMでご覧になった方も多いのではないでしょうか?
f0158627_14293830.jpg

こちらはメキシカンハット・ロック。
マントを被ったメキシコ人のいでたちのよう。
f0158627_14295120.jpg

次のスポットはグースネックSP。
メキシカンハットから15分くらいのところにある、サンファン川が大きく蛇行してできた
文字通りガチョウの首のような侵食岩を見ることができます。
f0158627_14301032.jpg
f0158627_14303562.jpg
f0158627_14305257.jpg
f0158627_1431148.jpg

遠くにはモニュメントバレーのビュートもかすかに見えるポイントです。
f0158627_14312458.jpg

グースネックを後にし、UT-261を北上すると行く手にはシーダーメサの断崖がそびえて
います。そのままこの断崖を越えるルート、最初は舗装路ですが…
f0158627_1432543.jpg

しばらく走ると未舗装路となり、車一台分の道幅、悪路、もろい路肩、急坂急カーブの連続!
f0158627_14324362.jpg
f0158627_143319.jpg

夜は絶対にイヤですが、それでも上から見る景色は格別!
f0158627_14331325.jpg
f0158627_14332823.jpg

本当はこの断崖を登りきったところを左折し、先ほどのグースネックのような風景を楽しめる
「ミューリーポイント」に足を運ぶ予定でしたが、このように道路が完全に雪で塞がれていた
ので断念。さすがに4WDでもきつそうだし、もしスタックしても人っ子一人いませんので…。
f0158627_14335590.jpg

あとはAZ-95、US-191とルートを取り、少しでも距離を稼ぐことに専念します。
f0158627_14342368.jpg

相変わらずアップダウンが激しく、緊張のドライブが続きますが、
f0158627_14344094.jpg
f0158627_14344997.jpg

美しい雪山の風景にホッとします。
f0158627_14351084.jpg

月が出てきました。
f0158627_1435298.jpg

鹿に気をつけながら先を急ぎ、
f0158627_14354335.jpg

今日はモンティセロのベストウエスターンでタイムアップ。
f0158627_1436284.jpg

満月のきれいな夜でした。
f0158627_14361661.jpg

4日目のドライブ 146マイル(約235km)

5日目に続きます。
[PR]
by cyril-aw11 | 2010-04-05 14:53 |
<< 偉大なるスーパーサブは空へ 鉄道博物館 >>