<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

本州のトキ

f0158627_16533629.gif
新潟県佐渡島で放鳥されたトキのうちの一羽が、今月になって長野県内に飛来したことがニュースになった。1日に信濃町、2日に長野市で確認された後、木島平村へ。その後は環境が気に入ったのかそのまま水田でエサを取ったり、木の枝に止まったりして毎日を過ごしている。木島平村では「い~なか交流館」というコミュニティサイト内に「今日のトキ」というコーナーを設けて、日々のトキの様子を配信している(上の写真もココから)。

トキとはどんな鳥なのか。手元にある「フィールドガイド 日本の野鳥」によれば、

トキ Nipponia Nippon 体長76.5cm
下に曲がった長い嘴を持ち、足は比較的短い。頭は白色で頭は赤く、後ろ頭の羽毛が少し長くて冠羽となる。体も白いが、冠羽、翼、尾等の羽毛は橙紅色を帯び、飛ぶと特に風切が橙紅色に見える。繁殖期には頭部、背、翼の上面が灰黒色となる。嘴は黒くて先が赤く、足は赤色。飛翔中、足は尾を越えて出ない。声:タァーまたはゴァーと鼻声で鳴く。習性:1981年1月、佐渡にいた5羽が増殖を目的に捕獲され、野生のものは日本にはいなくなった。

とある。つまり天然記念物として知られるトキも、もともとは新潟県を中心に日本各地で普通に見られる野鳥だったので「フィールドガイド 日本の野鳥」にも掲載されているのだ。大きく翼を広げて飛翔する時に見える橙紅色は「朱鷺色」と称される本当に美しい色で、この色合いの羽毛欲しさに明治以降人間によって乱獲され、ついには滅ぼされてしまうことになる。

新潟生まれの自分にとって、「朱鷺」は非常に思い入れの強い鳥だ。世界でただ一つ、その学名に「Nippon」がつく種であり、新潟県鳥でもある。物事がわかり始めた中学生の頃には「佐渡トキ保護センター」を見学するためにフェリーで佐渡島に渡り、美術の課題にはトキを題材に選んで絵を描いたりした。今でも自分のブログに「放鳥トキ情報」というサイトをリンクしているのは、その延長線上のことだ。そんな特別な思いがあるので、県内に生きたトキが飛来し、翼を広げて飛んでいる姿をTVのニュースで見た時には目頭が熱くなってしまった。

そんな中、佐渡市長を始め新潟県側から飛来したトキの「返還」要請が起こっているという。環境省は佐渡島に2015年までに60羽を定着させる計画で、昨年9月の10羽放鳥はその第一弾だった。これに合わせて島内では減農薬栽培の導入などを通じて餌のドジョウの数を増やしたり、トキが好んで巣を設けるマツの害虫対策にも取り組むなど環境改善努力を続ける一方、放鳥後にはボランティアらが昼間の行動を記録するなど定着に向けた様々な調査に取り組み、包括的な活動をしてきたという自負もあるのだろう。

実際のところ、佐渡島内の方がトキにとって暮らしやすいのかもしれないし、たった一羽での生活ではペアリングによる増殖活動も見込めないという問題もある。それでもトキが自らの力でわざわざ海を越えてまでやってきて、今ここにいるということは自然現象であって、それを捕獲して連れ戻すというのはどうだろう。環境相も会見で言っていたが、「自然にどう根付くかを見るのが放鳥の大きな目的」ではないのだろうか。

もはやトキは「カゴの中の鳥」ではない。自分の力で飛ぶことのできる羽を持った鳥を空に放せば、その後のことはとても人間の予想が効く世界ではないだろう。逆に「カゴの中の鳥」だったトキにこれだけの飛翔能力や本能による捕食能力が備わっていたことに素直に驚き、そして讃えてあげられれば十分ではないか。

木島平で暮らしているトキは固体番号「03」。彼にとって良き環境がずっと続くことを願って。




緊急捜索願!にゃんた♂6歳を探しています。
[PR]
by cyril-aw11 | 2009-03-07 17:18 | 自然・環境

毎日は闘いか?

昨日からずっとずっと、にゃんた君のことを考えている。ANNさんのサイトは自分にとって「癒し」(あまり使いたくない言葉だったりするが、他に適語が見つからない)の空間だ。どちらかと言えば人を疑って生きている私は、人を信じ人の善意を信じて生きているANNさんの写真や言葉に触れるたびに何だか自分が恥ずかしく、人としての生き方を教えてもらっているように感じる。だからこそ、そうした生き方をしている人が苦しんでいるのは辛い。

こないだ車を運転しながらラジオを聴いていたら、アンジェラ・アキが「毎日の生活はすべてが闘いだ。残念なことに」のようなことを話していた。本当にその通りだと思う。人類の身勝手さが引き起こした地球の温暖化により、冬でも通行できるようになってしまった北極海。沿岸部でも氷が溶け、シロクマの赤ちゃんたちは安全に命を育んでくれたり、絶好の漁場となったりする場所を失い絶滅が危惧されている。そんな状況なのに浅はかにも、沿岸6カ国が我先に地下埋蔵資源の領有権争いをしているとか。

小さい話では通勤電車でドア前のわずかなスペースの領有権を主張し、降りる人がいるのに絶対に動かないオジサン。空席めがけて他人を押しのけ、飛びかかるオバサン。大音量の音漏れipodのオニイチャンや、デッキに移動する間も惜しいのか座席で声高に携帯電話に興じるオネエチャンとか。一様にその顔は歪んでいる。「人類の叡智」とは何か?

先日のイロコイ族の話の通り、人間など自然界の最下層の生物であるということを忘れてしまってはいないか?人間は命の創造の輪の中で生かしてもらっているだけなのだ。猫すら自由に外を歩けない世界に地球を書き換える権限など、人間にあろうはずもない。もし人間に「叡智」なるものがあるならば、それを各生物間の利害の「調整弁」であろうと努力するために行使するべきではないだろうか?

うちのチビもかつて公園に捨てられていた。おなかには虫がいっぱいいて、栄養失調で目もよく開いていない状態だった。ガリガリちゃんで、保護した病院の獣医さんに「大きくなれるかわからないから、1ヶ月後にもし生きていたらお渡しします」と言われた子だ。今は実家ですっかり元気に駆け回っているが、3歳になるのに未だに太れないし大きくなれない。でも生きてうちの家族になってくれたこと、それこそが幸せだ。うちを選んでくれてありがとう、そう思う。だからANNさんの痛みは自分の痛みだし、そうした痛みを与える者を決して許さないだろう。

私は人間が他の命あるものに対して、ほんの少しの犠牲を払うことをも厭う気持ちを憎む。
私は他者の幸せに思いを馳せることをせずに、それを利己的に奪う者を憎む。
そして、それらを許容してしまう社会を憎む。




緊急捜索願!にゃんた♂6歳を探しています。
[PR]
by cyril-aw11 | 2009-03-03 13:56 |

緊急捜索願!愛猫にゃんた♂6歳を探しています。

f0158627_11414633.jpg

緊急捜索願!にゃんた♂6歳を探しています。

場所は湘南です。お近くの方、バナーを貼って下さる方、ご協力をお願いします。
http://annphoto.net/nyantasousaku/nyanta-sousaku.html

周ちゃんとお別れをしたばかりなのに、またもや悲しいお話をしなければならない。私が一方的なファンでよくサイトを見せていただいているANNさんの愛猫にゃんた君(オス、6歳)が失踪(?)してしまった。(?)というのは、上記のリンクを見ていただければわかるが、かなり人為的な臭いが濃いからなのだ。7年間、ただの一度も失踪などしたことのないお利口な子だ。

老衰や病死での別れだってもちろん辛い。看取る側としては身体の一部をもぎ取られるような痛みを伴うものだ。しかしそれは運命でもあり、いつかは必ずやってくる。だからこそ一日一日が彼らにとって素晴らしいものであるように、人生をともに生きていくのだろう。だから看取られる側は、愛する人たちの腕の中でお別れできることが最高の幸せなんだろうと思う。

しかし心ない人間の手によって、突然命を奪われることは決して運命ではない。これもサイトを見ていただければわかることだが、ANNさんは本当に心が優しくて、常に世の中をすべてのものを愛情あふれた視点から写真という手段で切り取り、コメントをされている方。私のようについ感情的に物事を斬りがちな者からみれば、「こんな人間でありたい」というお手本のような方なのだ。なぜそんないい人が苦しめられなければならないのか。

にゃんた君はANNさんにとって、「猫の着ぐるみを着ていただけで、私の子供でした」という存在であり、これは動物という形を纏ったパートナーを愛する、すべての人たちが等しく抱いている感情ではないだろうか。

いろいろと人間に不都合なこともあるかもしれない。一手間、二手間かけさせられることだってきっとあるだろう。それでも猫に限らず、動物たちが自由に闊歩できないような閉塞感溢れる町で、人間だって幸せに暮らすことができるのだろうか?陽だまりで目を細めて丸くなる猫たちを見かけて、ついみんなに笑みがこぼれるような温かな社会はもう「三丁目の夕日」の中だけのことなのだろうか?村上春樹の言う「小確幸」、小さくても確かな幸せとはそんなところにあるのではないだろうか?

私は人間が他の命あるものに対して、ほんの少しの犠牲を払うことをも厭う気持ちを憎む。私は他者の幸せに思いを馳せることをせずに、それを利己的に奪う者を憎む。そして、それらを許容してしまう社会を憎む。

せめて、にゃんた君がANNさんの腕の中でお別れを言えますように。
もし神様がいるのなら、お願いします。
[PR]
by cyril-aw11 | 2009-03-02 12:02 |