カテゴリ:軽井沢( 47 )

本とコーヒー 麦小舎

ご夫婦で営まれている素敵な空気のカフェでお気に入りと言えば、ご存知「キャボットコーヴ」と「ばおばぶ」。そしてもう一つが北軽井沢の名店「麦小舎」です。
f0158627_13421192.jpg

中軽井沢から峠越えのワインディングを攻めれば、15~20分くらいでくりの木プラザ(ここにあるパン屋さん、おいしいです)に到着。ここに車を停め、別荘地脇をぶらぶら歩いて3分程のところにひっそりと佇んでいます。

移住されてきた若いご夫婦が営まれている週末カフェ。
トレードマークのキジトラちゃんが何ともほのぼのとしてかわいいです。

f0158627_1342060.jpgf0158627_13422313.jpg


More...
[PR]
by cyril-aw11 | 2010-05-11 14:51 | 軽井沢

夜桜見物

この週末が満開の花見日和だった懐古園。
我が家恒例の夜桜見物に出かけてきました。
f0158627_13245359.jpg

ここのところ雨続きだった東信地方ですが、この週末は久しぶりのいいお天気。
月のきれいな夜で、桜との豪華競演が楽しめました。
f0158627_1328457.jpg
f0158627_13281444.jpg
f0158627_13282696.jpg
f0158627_13283866.jpg


More...
[PR]
by cyril-aw11 | 2010-04-26 13:41 | 軽井沢

團場の芽吹き

全国的に不順な天候の影響で、今朝は小雪もちらつく軽井沢。
今週は火曜・水曜と暖かな日差しが降り注ぎようやくベランダの「セロ團場」で木々たちが
芽吹き始めたところだったので、この猛烈な寒の戻りはハラハラしてしまいます。

我が團場の芽吹きのトップバッターは、今年も姫リンゴでした。
f0158627_10391371.jpg

八ヶ岳倶楽部からうちへ来て、初めての冬を越したムシカリ。
ムシカリってこんな風に開くんですね。
f0158627_10384987.jpg

ここまで開いたところで寒波が襲来、戸惑っているジューンベリー。
f0158627_10394463.jpg

サラサドウダンもここで足踏み。
f0158627_1040919.jpg

八ヶ岳倶楽部で見た美しさに心惹かれ、コメリで買った(笑)白い沈丁花。
少し和テイストですが、可憐で何とも春らしい香りが漂います。
f0158627_10402412.jpg

[PR]
by cyril-aw11 | 2010-04-16 10:41 | 軽井沢

また雨氷

つい先日、春の足音が聞こえ始めたばかりだったのに…
f0158627_1119332.jpg
f0158627_11191275.jpg

あっという間にこんな光景に戻ってしまった今日の軽井沢。
f0158627_1120531.jpg

昨日からの雪はいつしか氷雨に変わり、今朝は車全体がアイスボディコーティング状態。
カチコチ状態の車を久しぶりに手動でガリゴリやって救出しました。
疲労のあまり、写真はありません。
f0158627_11235049.jpg

午前11時現在の軽井沢の気温は0℃。
予報では3℃まで上がるようですが、真冬日に近いですね。
f0158627_16134369.jpg

[PR]
by cyril-aw11 | 2010-03-25 11:29 | 軽井沢

冬晴れの軽井沢

ようやく雪空から解放され、冬晴れとなった今朝の軽井沢。
f0158627_12181811.jpg

カラマツとモミの木のコントラストもキレイです。
f0158627_12191489.jpg

樹氷越しにパラダ方面の山々もようやく雪化粧姿を現しました。
f0158627_12201871.jpg

ススキ?にのっていた雪も溶け、キラキラと朝露のよう。
f0158627_12293886.jpg

雪面にパラパラとモミが散っているのがあまりもキレイでハッとしました。
f0158627_181983.jpg

動物の足跡シリーズ。
上段左から牛ちゃん(ホルスタイン柄の近所のネコ)、雉さん。
下段左からベランダに来た小鳥さん、野ウサギさん?次の一歩までの跳躍力からそうかと。

f0158627_1239337.jpgf0158627_12395242.jpg

f0158627_18262070.jpgf0158627_23155371.jpg

さくらいさんにコメントいただいた松の木の青空バージョン。K10Dで撮ればよかった…。
f0158627_1247882.jpg

最後は定番の洟垂れ小僧。今日はモミです。しかも増量。
f0158627_1820231.jpg

[PR]
by cyril-aw11 | 2010-02-14 18:29 | 軽井沢

今朝の軽井沢

一夜明けた今朝の軽井沢は、何とも言えないこんなグラデーションの空模様。
f0158627_1139182.jpg

凍結した栗の木の樹氷は変わらないものの、
f0158627_1139476.jpg

しっかり降った雪で松の木はいつもの雪化粧に戻りました。
f0158627_1140122.jpg

ベランダにも相当吹き込み、鉢植えたちも雪でマルチングされています。

f0158627_11405251.jpgf0158627_1141642.jpg

栗坊主の洟垂れぶりも加速!
降り続く雪に、小諸⇔軽井沢間のしなの鉄道も未だ不通のようです。
f0158627_11421953.jpg

[PR]
by cyril-aw11 | 2010-02-12 11:46 | 軽井沢

樹氷

昨夜からの季節はずれの雨は雪に変わることなく降り続き、朝起きるとベランダの手すりには不思議な紋様のツララが並んでいました。よーく見ると、ツララ内部には氷の結晶が。
f0158627_11561864.jpg

裏の栗の木も雪女に吹かれたように完全凍結。
f0158627_1146399.jpg

せっかくの冬芽に沿って、凍ってしまってます。
f0158627_11461229.jpg

例の栗坊主も洟垂れ小僧に。
f0158627_1337950.jpg

さて久しぶりにK10Dを使ってみましたが(2~4枚目)、こういう接写はさすがにCX1の比ではないですね。大きな画面で見なければわからない程度だったりしますが…。ともかく持ち歩く必要のない家撮りではまだまだ活躍してもらいましょう(物ぐさ太郎)。
[PR]
by cyril-aw11 | 2010-02-11 11:56 | 軽井沢

小春日和

と言うよりも、初夏を思わせる今日の軽井沢。昨日の最低気温が-13.2℃、今日は午前11時の時点で11.4℃とか。マイナスではなく、プラスです。その差24℃強!動物たちも冬眠から目覚めてしまいそうで心配です…(その後正午に12.6℃、13時には13.3℃を記録!)。

せっかくのパウダースノーもぐしゃぐしゃになり惨めな様相になりそうなので、きれいな雪景色を少し記録しておきます。

f0158627_12122489.jpgf0158627_12124261.jpg

ベランダのムシカリの鉢もすっかり雪でマルチングされました。

ちなみにうちのベランダの木々ですが、こんな風に落ち葉を集めてきてマルチングして冬越しをします。森林は落葉によってこうして自然にマルチングされ、厳しい冬を越すのですね。そして春になると、ミミズやバクテリアがこれを少しずつ良質な土へと変えてくれる。皇居の庭は落ち葉掃除をしないという理由がよくわかります。

f0158627_12132872.jpgf0158627_12134193.jpg

こんな冬晴れの空の下、
f0158627_1214290.jpg

時々、風に吹かれて雪が舞い降りてきました。やはり冬の軽井沢は堪えられませんね。
f0158627_12141645.jpg

[PR]
by cyril-aw11 | 2010-02-09 13:41 | 軽井沢

雪の夜のできごと

気象庁の予想とは裏腹に今冬は寒気の勢力が強く雪も多いせいか、ここ軽井沢でも年始から悲惨な交通事故を多く見聞きします。私はこちらに越してくるまで雪に慣れた長野の人ではなく、県外ナンバーばかりが事故を起こしているイメージを持っていましたが、実際はそうでもないようですね。昨日の夕方まで降っていた雪は気温が高かったせいか湿ったボタ雪で、あっという間に根雪を隠し危うい路面状態を作り出してしまいました。

帰宅途中の追分付近で案の定、2台の接触事故に遭遇。スリップした車が対向車に突っ込んだらしく、バンパーはもちろんタイヤまで吹き飛んでいました。状況を確認するために車を止めて声をかけると、両車両のドライバーとも怪我はなく大丈夫だとのこと。ただ突っ込んだ方の若い女性のドライバーは初めての事故に気が動転し、震える手に携帯を握り締めながら母親らしき相手に事故を起こしてしまったこと、相手がいること、車がバラバラになったことを泣きじゃくりながら叫び続けています。

私は誰も怪我人がいないことを確認してから「お母さんには後で電話すればいいから、とにかくすぐに警察に電話しなさい。自分でできる?」と声をかけると、その女性も少し落ち着きを取り戻したようで「はい」と返事してから、母親にも「警察に電話する」と話していました。凍結道路には4WDもスタッドレスタイヤも機能しません。自分のコントロールできる速度内で走行し、滑り始めたらブレーキを踏まないこと。滑るのは仕方がないことで、ブレーキを踏まずに挙動をコントロールすることが大切です。

それはともかく失望したのは私が停車中に4~5台の車が現場を通過しましたが、誰一人として停車せず声すらかけなかったことです。救護義務はもちろんですが、それ以前に人間としてホンの少しの優しさが持てないものでしょうか?現場は交通量が多くて停車不可能な場所ではなく、ばら撒かれた車両の破片やタイヤの残骸を慎重に避けながら低速で走行していた彼らには状況がよく見えていたはずです。困っている人がいたら手を差し伸べるというのは、そんなに難しいことなのでしょうか?無視して家路を急がなければならない火急の用件があったのでしょうか?見たいTVがあったとか…。まさかね。

ホンの一声かけてあげるだけで、窮地にいる人は救われるものです。ハワイの高速道路で事故を見かけた際、危険な高速道路上にも拘らず本当にたくさんの人が声をかけみんなで協力していたことを思い出し、アロハスピリットとのあまりの違いに暗澹たる思いがしました。
[PR]
by cyril-aw11 | 2010-01-13 16:10 | 軽井沢

麗新

明けましておめでとうございます。正月トップの座は、やはり霊峰富士でしょう。
f0158627_15192467.jpg
建築blogとしてスタートして早2年余。まだ建っていないことに本人も呆れていますが、今年はさすがに建ちそうです。変わらず適当なペースでボチボチやっていきます。

f0158627_15202322.jpg
新年の誓いは「morally correct」、つまり「道徳的に正しい」ということに絶対的な価値判断基準を置くということです。

例えば樹齢何百年のケヤキの大木が枝を広げる地に道路を通したいとします。もちろんコスト的にも一番安易な手段はケヤキを切って道を通すことでしょう。しかしそれは道徳的に正しいことなのかどうか。ケヤキの大木は人々に癒しを与えているだけではなく、実を付けて虫や鳥を呼び、それを捕食する小動物を呼び、確固とした生態系という小宇宙を宿しています。

それを突然断ち切る権利が人間にあるのかどうか。それは道徳的に正しいことなのかどうか。それを考えることで、自然と解決策は見えてきます。仮に2倍のコストがかかろうと、ケヤキを迂回して道を通せばよいのです。

f0158627_15203398.jpg
キャピタリズムの失敗と敗北の見えた今、人間の価値観は道徳に立ち返るべきだと考えます。何か行動を起こす前に、それは「morally correct」なのかどうかを考え、そうでなければやめる。極めてシンプルです。それなりに年齢を重ねた今だからこそ、自分にはそうする責任があると考えています。
[PR]
by cyril-aw11 | 2010-01-01 15:29 | 軽井沢