Who spits against Heaven spits in his own face.

以前、動物+植物=森という記事を書いた。この「動物+植物=森」というのはその記事の中で紹介した日本熊森協会による言葉で、その基本理念はこう記されている。

《動物+植物=森 クマは豊かな森のシンボルです》
 自然界は種々雑多な動植物が生態系のなかで絶妙のバランスを保ちながら共存しています。1種類でも生物がかけると生態系のバランスはたちまち崩れ、森は崩壊に向かいます。野生動物もまた、森の形成に多大な貢献をしています。動物がいなくては、森は森になりません。
 クマは日本最大の大型獣であり、自然界のあらゆる恩恵を受けて生きています。つまり、クマの棲める環境を残すということは、他の全ての生物が生息可能な豊かな自然を守ることにほかなりません。

私が以前から拝読しているとあるブログに、山形で痩せこけたクマが射殺されたことに関する考察が載っていたので、トラックバックさせていただいた。この方は以前、知床半島に足を運ばれた際にメスのヒグマ「ソーセージ」のことを知り、胸を痛めて記事を書かれたことがある。詳しくはトラックバック記事内からリンクで読めるが、簡単に言えば里山に餌がなくなり市街に降りてくるようになってしまったヒグマを、地元の人たちが一生懸命に威嚇くして追い返して人間が怖いことを繰り返し教えていたのだが、ある観光客が気まぐれで与えたソーセージ一本ですべてが台無しになり、射殺に至ったという話だ。

しかし今回の話は、より悲劇的だ。この痩せこけたクマは人を殺していない。それどころか人間のテリトリーである市街地に降りてすらいないのだ。人間が栗拾いのためにクマの生息域である山中に無防備な状態で入ってケガを負わされるきっかけを作り、そのせいで殺される必要のないクマが射殺されてしまった。これは一種の人災と言えないだろうか?人間の所業によって里山に餌がなくなり痩せこけたクマが、自分のテリトリーに入ってきた人間を襲わざるを得なくなった悲劇にちょっと思いを馳せていただけたらと思う。

クマは日本最大の大型獣で、自然界のヒエラルキーの頂点に立つ山の守り神だ。その神様の命を無尽蔵に奪い続ける権利が人間にはあるのだろうか?天に向かって吐いた唾はどこに向かうのか?答えは明らかだ。
[PR]
by cyril-aw11 | 2008-10-03 16:58 | 自然・環境
<< メルシャン軽井沢美術館 巣立ち >>