長寿、男性は長野県

出勤前にニュースを見ていたら、厚生労働省の調査で最も長生きの都道府県は、男性が長野の79.84歳、女性が沖縄の86.88歳という結果だったと報じていた。なんでも都道府県別の生命表(というらしい)は1965年から5年ごとに作られ、今回(05年調査)が9度目とのことで、男性の長野は90年から4回連続、女性の沖縄は75年から7回連続でトップだそうだ。長野県の男性が長寿だというデータはこれから移住を企む者としてはうれしい限りだが、女性トップの沖縄とあまりに環境が違いすぎて分かりづらくもある。

一般的には温暖でゆったりとしていてストレスがなさそうなところの方が長生きしそうなわけで、その観点からすると沖縄は納得がいく。長野は自然豊かでゆったりと暮らすには申し分ないが、いかんせん寒い。古い家ではヒートショックも起こるだろうし、長寿のイメージに重なりづらいのだ。
f0158627_1374799.gif

ただ男性の長寿のトップ5は長野以下、福井、奈良、熊本、神奈川で、女性の方は沖縄以下、福井、長野、熊本、島根となり、必ずしも南国であることと関係がないようだ。それどころか男女とも長野、福井という北信越の寒い両県の健闘ぶりが目立つ。図表を見れば明らかで、78歳以上の長寿地域は本州の真ん中辺りに集まり、その次に長寿の黄色い地域もどちらかといえば寒い地域が多い。逆に温暖な四国・九州は全般に振るわない結果である。

少し前に見たアメリカの資料では男女合わせての平均値だが、トップのハワイ州以下、ミネソタ、コネチカット、ノースダコタ、バーモントがトップ5となっていた。こちらもトップのハワイ州はイメージ通りだが、それ以外はどちらかといえば寒い地域が並ぶ。図表では男女別に平均寿命の分布が出ているが、ほぼ男女で大きく異なることなく同じ傾向を示しており、やはり日本の結果と似ている。

f0158627_13184263.jpg

う~む、老後は温暖な地でのんびりというのはイメージ先行で、実は四季がしっかりしていて冬には厳しい寒さに直面するような地の方が、人も呆けずに鍛えられて長生きできるということなんだろうか。まあ暖かろうと寒かろうと、豊かな自然の懐に抱かれてストレスなく過ごせることこそ、人にとって幸せだということに変わりはないはずだけど。
[PR]
by cyril-aw11 | 2007-12-18 13:23 | 軽井沢
<< ある日、マクドナルドで。 その後のサンラメラ >>