オーガニックガーデンのすすめ

信毎のくらし欄で連載されていた曳地トシさんの「オーガニックガーデンのすすめ」が終了してしまいました。毎週読むのを楽しみにしていたので、とても残念です。

トシさんは旦那さんと二人だけで「ひきちガーデンサービス」を営まれている、個人庭専門の植木屋さん。夫婦二人だけでという点、そして個人庭専門という点がすでに私のストライクゾーンど真ん中なのだけど、さらに農薬や化学肥料を一切使わないオーガニックでの庭造りというこだわりがすごくうれしいのです。トシさんは日常での農薬や化学製品の氾濫が人間の体はもちろん、自然界全体に悪影響を与え続けていることを危惧し、気づかないまま私たち自身が被害者にも加害者にもなり得るのだということを警告してくれています。

虫を見つけたら殺虫剤を取り出すのではなく、循環する庭になってきたのだと喜ぼう。虫や鳥が来てくれる庭を目指そう。遠くから持ってきたものではなく、なるべく地域の在来種を植栽しよう。そして有機的なつながりを断ち切る農薬や化学肥料を使わずに、自然の掟に期待する循環する庭を造ろう!すべての言葉がキラキラと輝いていて、自分の目指す雑木林造りの道を照らしてくれているようでした。それらは私の心の師である柳生翁の理念とも完全に一致しています(翁は風と光が通る雑木林造りを進めれば、自然と林床には土着の花が芽吹くので植栽は必要ないとまで言われています)。

トシさんがご夫婦で主宰されている「日本オーガニック・ガーデン協会(JOGA)」は、その理念をこう表しています。

-----------------------------------------------------------------------
みなさんは、園芸をたんなる趣味だと思っていませんか?庭は個人的な場所で、環境保護とは無関係と思っていませんか?
でも、想像してみてください。
日本中の庭で、化学農薬や化学肥料の使用をやめ、一人ひとりが1本の木を植えれば、何百万本にもなり、それは大きな森に匹敵します。そう──私たちは庭から、自然の恵みについて、多くのことを学ぶことができます。
庭という小さな空間は点のように思えるかもしれませんが、一人ひとりが生活空間をオーガニックな環境にしていくことで、点は線になり、面になります。自然の仕組み(生態系)を知ることによって、身のまわりの環境を安全・安心・健康なものにしていくことができるのです。
JOGAでは、従来の庭の考え方から、地球とつながる身近な環境保護の場としての庭へと、価値観をシフトしていくための活動を行っています。
庭、街路樹、公園、集合住宅の共同緑地や校庭など、「身近な緑」を自然と共生する庭へ!
自分の足元である庭から──すべては始まります。
-----------------------------------------------------------------------

そう、すべての庭は森へとつながる扉です。友人の「森の扉」さん、さすが慧眼のネーミングだといつも敬服しています。
[PR]
by cyril-aw11 | 2010-01-22 15:51 | 自然・環境
<< 小春日和 RICOH CX1 >>