森のラブレターII

以前このblogでも紹介したTBSで放映された「森のラブレター」。
その第2弾となる「森のラブレターII」が9日の土曜日に放映されました。

内容については番組中、中井貴一の朗読とともに倉本聰の自筆によって画面に映し出された「裏山」という詩が、そのすべてを端的に表現していたように思います。私は胸が痛くなり、最後まで画面を正視することができませんでした。

コンクリートダムが山の保水力を高めるどころか反対に低下させ、治水方法としては百害あって一理なしであるということを田中康夫は早くから見抜いていましたが、それを官僚出身の現知事は差し戻しました。政権交代によって就任した理知的な国交相はダムは利権の象徴に過ぎず、科学的に山の治水力を高めるためには根本的な方法の転換が必要であるとして奮闘中です。どちらが正しかったのかは明らかですね。

裏山の倉本聰を通しての叫びに何を感じますか?
まだ何かを感じることはできますか?


裏山


f0158627_13381049.jpg赤ちゃんが 泣くように
赤ちゃんが 泣くように

裏山が 叫んでる
大声で 叫んでる 

もう一カ月 止まない雨に
地面は 土でなく
目に見えぬ 泥の山
もう 溢れそう!
もう はじけそう!

裏山が 今にも崩れかけてるのに
父ちゃん なんで 会社に行くの?
母ちゃん なんで お化粧してるの?
兄ちゃん なんで サッカーを見てるの?
姉ちゃん 誰に メールを打ってるの?

裏山が 叫んでる
大声で 叫んでる

f0158627_1345399.jpg赤ちゃんが 泣くように
赤ちゃんが 泣くように

どうして 雨がこんなに続くの?
どうして この夏はこんなに寒いの?
誰が季節をこんなに変えたの?
どうして みんなちゃんと聞かないの?
裏山が 必死に叫んでるのに

逃げなさい! 早く逃げなさい!
わしは もう土を支えきれない!
もうじき 山は崩れ 
村を 押し潰す!

裏山が 叫んでる
大声で 叫んでる

赤ちゃんが 泣くように
赤ちゃんが 泣くように

[PR]
by cyril-aw11 | 2010-01-11 13:47 | 自然・環境
<< 雪の夜のできごと 焚き火鉢 >>