温かかったり、暖かかったり。

f0158627_2381146.jpg
少し前のこと。いつものようにあわただしく新幹線に乗っての帰り道、喉が渇いたので乗車前にKIOSKで水を買った。その時にKIOSKの店員さんから、買った水と一緒に手渡されたのがこのカイロ。駅員さんからかけられる「おはようございます」の一言や、掃除のおばちゃんからかけられる「お疲れさま」の一言と同じくらい、ちょっとした心配りに心が温かくなる。

「温かい」のはいいが、「暖かい」のは気持ちが悪い。今週末は静岡で夏日を記録するなど全国的な異常気象だが、ここ軽井沢も例外ではない。昨日の最高気温は16度。今日はやや下がって13度弱だったようだが、この時間(23時)にまだ5度近くある。もはや軽井沢での商売において、「冬季休業」は意味を成さないのではないだろうか。

f0158627_2311293.jpg
我が家のチューリップもこの通り。KENKOの「ACクローズアップレンズ NO.2」を使用して撮影。このクローズアップレンズ、自分の持っているカメラの倍率と被写体までの距離を考えて選択しなければならないが、なかなか使える印象。何せ、テレ端でレンズのすぐ前の被写体にピントが合ってしまう。

昨夜は21時からテレビで「銀色のシーズン」。「下ばっかり見てちゃいけないってこと。目線はもっと先に」。至言。また、この頃は白馬にこんなに雪があったんだなと…。
[PR]
by cyril-aw11 | 2009-02-15 23:10 | 日常
<< ニホンリスが生きられる森 森のラブレター >>