浅間山が噴火、各地で降灰 気象庁が警戒呼び掛け

f0158627_11363574.jpg

--------------------------------------------------------------------

 気象庁は2日、浅間山(群馬、長野県、2,568メートル)が同日午前時51分、山頂火口で小規模の噴火をしたと発表した。同庁は、今後も火口から半径約4キロの範囲で噴火による大きな噴石飛散の可能性があるとして警戒を呼び掛けた。
 同庁によると、火口上空には噴火による噴煙が上がり、最大で約2000メートルまで到達。噴煙は南東方向に流れ、長野県軽井沢町のほか、埼玉、東京、神奈川など関東南部の各地でも降灰を確認した。
 長野県軽井沢町では最大約2ミリの降灰が確認されたが、長野県によると、県内で被害の届けはないという。
 軽井沢町役場などによると、噴火による交通規制などはなく、休校した学校もないという。
 浅間山の噴火は、昨年8月のごく小規模のもの以来。2004年9月と11月にも中規模噴火があり、周辺の農作物などに被害が出た。
 同庁の観測では、噴火後に50センチを超える大きな噴石が飛び出し、火口の北約1キロまで飛散した。軽井沢測候所では、約7パスカル(パスカルは圧力の単位)の空振を観測した。04年の中規模噴火では、205.5パスカルを観測している。 (信毎web、写真も)

--------------------------------------------------------------------

というわけで噴火しました。と言っても、日常生活は何も変わらない。出勤時に観察したが、我が家周辺に降灰はなし。浅間山の方を眺めても少しの赤色が見えるわけでもなく、やや拍子抜けしたぐらいだった。車を走らせて軽井沢駅に向かう途中、中軽井沢あたりから道路にうっすらと降灰が確認できたが、それも本当にファンデーションを塗ったぐらいのものだった。

さてそもそも「噴火警戒レベル」とは何だ?ということを調べてみると、気象庁が旧来の火山活動度レベルに代えて平成19年12月1日に導入したもので、火山活動の状況を噴火時等の危険範囲や必要な防災対応を踏まえて5段階に区分されている。これによれば噴火警戒レベルも3までは住民の行動も通常の生活でOKなわけで、特に心配はないだろう。

それにしても、2004年の中規模噴火時の前兆とよく似ているとの判断から警戒レベルが上げられたわけだが、きっちり24時間以内に小規模ながら実際に噴火が起こったわけで、プロフェッショナルとしての気象庁の仕事のクオリティの高さには感嘆の声を上げざるを得ない。

実際のところ、個人的には全く心配していない。そもそも火山国・日本に住んでいる以上、どこにいても噴火や地震の被害に遭う確率をゼロにはできないわけで、備えることは大切だが人間ができることはせいぜいそこまでだと思っているからだ。人智を超えたこと、見えない未来をいたずらに心配するのは精神衛生上もよくない。

昨日の警戒レベルのアップについても、自分は全く知らずにのんきに過ごしており、心配した親からのメールで知ったくらい(笑)。実際のところ今の暮らし、富士山近郊に住んでいた時よりも頻繁な地震がない分、よほど暮らしやすい。さすがに火山弾が飛び散り、溶岩が流れ出すような状況にでもなれば自分も少しは心配になると思うが、2004年よりも小さな噴火でもあることだし、浅間山にとっていいガス抜きになったのではないかなと考えている。

参考: 国土交通省・利根川水系砂防事務所のサイトで、3つのカメラによる浅間山のライブ映像が確認可能。
[PR]
by cyril-aw11 | 2009-02-02 11:56 | 軽井沢
<< 気になりつつ、行っていなかった... 浅間山で噴火警報 入山規制の「... >>