Un concert du petit de l'hiver

昨夜は今年を締めくくるにふさわしい、「ラフォーレ倶楽部ホテル中軽井沢」のラウンジバーで開催されたバイオリン独奏会に出かけた。ラフォーレさんは土地探しをしている頃の定宿となっていて、こじんまりしていて居心地がいい。トンボの湯のように雑多に込み合っていない露天風呂が、特に我が家のお気に入りだった。いいホテルです。

f0158627_14152020.jpg
我々が行ったのは2回公演の後半で、ソロバイオリンは早川さくらさん。芸大大学院を卒業後、フリーで活躍されている新進気鋭のヴァイオリニストだ。クラシックのスタンダードはもちろん、「戦場のメリークリスマス」や「ムーンリバー」といった映画音楽も織り交ぜて、聴き手を飽きさせない構成。とてもたおやかな演奏だった。フラッシュが焚けない状況だったので、手ブレが酷いがご容赦を。本当はとてもきれいな方です。

f0158627_14153164.jpg
終演後、レストラン「ラ・ブリーズ」でディナーを堪能。こってりクリーム系のフレンチは苦手な我が家だが、ここのあっさりしたフレンチはスルスルと入る。そのせいか写真はデザートの「クリームブリュレとオレンジのミルフィーユ アイスクリーム添え」の1枚のみ(笑)。

レストランではお一人で食事されていた「たまちゃん」こと早川さくらさんとテーブルを共にする僥倖を得た。ご自分ですべてのマネージメントをされているという若いのにしっかりした、しかもすごく感じのいいお嬢さんで、とても楽しい時間を過ごすことができた。ひょんなことからお互い司馬遼太郎の「燃えよ剣」がバイブルで、新撰組と会津藩主・松平容保公にカタルシスを感じるという共通項を発見。大いに盛り上がってしまった(笑)。

f0158627_14154365.jpg
今朝、家のカーテンを開けると目の前にいた雉のメスと目が合った。今年最後の日に何とも縁起がいいので、驚かさないように窓越しに撮らせてもらった。

それにしても今年は新居の計画から信州人の仲間入りと、バタバタと激動の一年だった。多くの方々のブログやコメントに助けていただき、感謝に耐えません。本年同様、来年もよろしくお願いします。
[PR]
by cyril-aw11 | 2008-12-31 18:16 | 軽井沢
<< 謹賀新年 小諸市飯綱山公園 >>